HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 呉駅前校

スタッフブログ 呉駅前校

テスト日程も受験日程も変わりません。だからオンラインでも授業を実施しています。

数日前に「オンライン授業にもスムーズに移行できます」というご報告をしておりますが、すでにオンライン授業はスタートしております。
 
正確には、休校措置になった学校やそうでない学校が混在しており、また保護者の方のご意向もまちまちであるため、
・クラスの全員がオンライン授業
・クラスの一部は通常通り出席し、残りの生徒がオンライン授業
という両パターンに対処した形を実現しております。
 
もちろん、単にライブ授業を垂れ流しているわけではなく、生徒の反応やノート記入状況も随時確認していますし、授業中や授業後の質問にも対応しています。指導の質を維持しつつ、それぞれの生徒の学校の状況、居住地、保護者の皆様の意向に沿った形でオンライン授業を実施しております。
 
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 
広島県に緊急事態宣言が出される見込みとなり、また、呉市内の学校でも数日間の休校措置がとられるところも出てくるなどしてきました。
 
しかし落ち着いて考えてみると、休校措置があっても定期テストの日程は変わっていませんね。また、今春の大学入試・高校入試も日程は全く変化することなく実施されました。
 
ですから、こういう混乱した時期には、浮き足立つことなく「平常通り学習を続けていく」というのが非常に大切になるわけです。
 
コムタスでは従来通りのアルコール消毒やマスク着用といったコロナ対策に加え、上記のような形で違和感なくこれまでの指導をオンラインでも続け、呉市の小中高校生の勉強をサポートするという責務を果たしていく所存です。
 

オンライン授業にもスムーズに移行できます

県知事から「高校の授業は原則オンラインで」という指針が示されたようです。まだ各高校がどのような動きになるか不明瞭ではありますが、コムタスではいつでもオンラインに対応できるように準備を進めております。

昨年春の緊急事態宣言下においても「全生徒オンライン対応」での指導を続行しました。このときは期間の大半で学校の授業が停止していたため、学習ペースを維持する意味でも、オンライン自習室や毎週決まった時間の授業が続行できたことはとても良かったのではないかと思います。
「オンラインで指導を続けています」

また、緊急事態宣言が明けてからも、ご家庭の事情などによってオンラインを希望される塾生には引き続きオンラインの指導を続けました。
「オンラインと対面の両方を実施しています」

オンライン授業と言いましても、単に生授業をインターネットで配信するだけのものではありません。対面授業の良さが最大限残るように工夫をしています。(そのぶん、校舎のメンバーにはいつも以上に頑張ってもらっております)

対面授業の良さとは、例えば
・内容が少し難しい場合、先生が自然にスピードを調整してくれる
・特徴のある間違いがあったら、先生がその間違いに基づいた解説をしてくれる
・質問ができる
・クラスのメンバーがいるから緊張感がある
等々です。もちろん実際の対面授業の方がより良いのは間違いないのですが、オンラインといえどもこのような要素がなるべく出せるように工夫を蓄積してきました。


早く社会が正常化することを願っておりますが、勉強に関してはできる限りのことをしてまいりますので、コムタスにお任せください。

2021年度大学入試結果 九大・広大・愛媛大などなど

呉駅前校校舎長の横川です。大学受験の結果報告をほぼ全部いただきまして、集計しているところです。
 
今年は以下のような感じです。
 
●国公立大学
九州大学 1名  広島大学 6名  東京学芸大学 1名  大阪市立大学 1名  大阪府立大学 1名  岡山大学 1名  愛媛大学 3名  山口大学 5名  島根大学 1名  香川大学 1名  徳島大学 1名  大分大学 1名  県立広島大学 1名  広島市立大学 1名  尾道市立大学 1名  岡山県立大学 1名  兵庫県立大学 1名  下関市立大学 2名  高知工科大学 2名  
 
●私立大学(抜粋)
同志社大学 5名  関西大学 4名  関西学院大学 2名  立命館大学 9名  近畿大学 19名  龍谷大学 3名  京都産業大学 3名  福岡大学 4名  安田女子大学 11名  広島修道大学 18名  広島工業大学 16名  県内私大薬学部 5名  などなど
 
 
 
 
学校と違って、入塾にあたって選抜試験や定員があるわけではないので、年によって印象は異なると思います。むしろ「コムタスに来てくれたときよりどれだけ学力がついたか」「コムタスに来なかった場合と比べてどうなのか」ということを追求していきたいと思っていますし、塾を探しておられる方にもそこを見ていただきたいなと思っています。一人で闇雲に「頑張った」場合と、コムタスで「頑張った」場合を比べて、コムタスなら学力がつきそうだな!と納得していただきたいですね。1つ前の記事「コムタスで成績が上がる仕組み」も参考にしていただければ幸いです。
 

コムタスで成績が上がる仕組み

呉駅前校校舎長の横川です。今年も大学受験の結果がだいぶ揃ってきました。
 
全員が第一志望に合格しているわけではないので、「○○大学合格!」といったような大げさな広報は、心情的にはやりづらいですね。ただ今年も皆よく頑張って各自の設定した目標大学にチャレンジし、多くの塾生が合格を果たしました。
 
最終的な結果に至るまでのプロセスには当然、各自の努力があるわけですが、実は努力だけなら誰でもしているのです。我々の仕事は「努力を無駄にさせない工夫」を塾生の勉強生活の中に散りばめることだと思っています。同じ1時間勉強しても、身につく1時間なのか、身につかない1時間なのか。コムタスで勉強したことによって「身につく1時間」を積み重ねてくれていると嬉しいなと思っています。
 
さて、今年も「合格体験記」を書いてもらっているのですが、その中から分かりやすくご紹介できそうなものをいくつか掲載しますね。
 
まず岡山大学に合格したKS君。
 
 
覚えています。高1の途中で問い合わせに来てくれたときには偏差値が41・・・。でもコムタスに来たからには「今が一番悪いとき」だと思って頑張ってみよう!と励ましたものでした。私は英語を担当したわけではないので励ましただけですが、実際には英語の授業を通してきめ細かな指示がなされて、ご覧のように難しい問題に出会っても「考えることができる」ようになったということですね。
 
続いて九州大学に合格したKWさん。
 
 
この子は私が直接授業を担当していました。理解力は十分ある子なのですが、確かに最初は物理も化学も怪しい状況でしたね。ですがコムタスには成績が上がる仕組みがあります。文中では伏せ字にさせていただきましたが、単に「分かりやすい」というだけではなく、「できるようになる仕組み」があります。それで理科が不得意科目から得意科目へと変わったということですね。コムタスでは高1から理科の授業を受けることができます。人間が新しいことを習得するには時間がかかりますから、早めに受講を開始できるのは大きなメリットですね。
 
 
 
他にも色々なコメントを寄せてもらっていますので、そのうちご紹介したいと思います。
 
その他にも以下の記事で指導についてご紹介しています。
 
 
 

速報! 呉地区私立高校 合格発表 


 
〇呉港高校  38名合格(特待生14名)
 
〇武田高校  11名合格(特待生6名)
 
〇呉青山高校   5名合格(特待生2名)
 
               1/27(水)現在
 
入試は今後も続きます。がんばれコムタス受験生!
 



オンラインと対面の両方を実施しています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
厚生労働省の通知などに基づいて感染拡大防止に努めながら、全校舎で対面授業を再開しました。一方まだ通塾が困難な塾生もいらっしゃることから、オンライン授業も継続しています。
 
県知事から休業要請が発表されて実際にオンライン授業を始めるまでに3日間しか期間がありませんでしたが、保護者の皆様には準備に多大なるご協力をいただきまして、おかげ様で無事にオンライン授業をお届けすることができたと思います。
 
塾生に聞く限りは対面授業と遜色ない満足度をいただいているようで、ほっとしています。実際、塾に通えるようになった塾生からも「オンラインを続けてほしい」という声があるので続行していますし、オンライン化で質が下がらないように準備をしていました。
 
一般的に「オンライン授業」というと、日頃対面で行っている授業をそのままライブ配信してしまいがちなのですが、コムタスではそれよりも効果的と考えられる方法を前々から研究していましたので、その方法をこのたび使って全授業のオンライン化を行いました。「前々から」というのは2018年の豪雨災害の時からです。当時、塾に通うのが難しかった塾生に対して実施した手法を、今回は全員に対して使わせていただいたということです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
また対面式に戻ることによって改めて「対面ならではの良さ」も感じているところで、今回の経験を元に、第2波・第3波がきても対応できるようにさらに改善を加えていきたいと思います。入試の日程は変わらないようですので、塾生の学習ペースを乱さないように、我々にできる限りのことをしていきます。
 

オンラインで指導を続けています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
当ホームページでお知らせしておりますように、緊急事態宣言に伴い、現在コムタスは全校舎で塾生の登校を控えていただいておりますが、授業・個別指導・質問応対・面談・自習室はオンラインで全て続行しております。
 
この記事を書いております4/30は全館休業日ですが、受験生には休みがありませんので、自習中に質問が出たりもします。私も読書などをするかたわらで質問応対をしたりしております。例えばこの画像のような感じです。いかがでしょう、このスピード感ならば「塾に来て質問する」というのとあまり違わないのではないでしょうか。ずっとこの画面を凝視しているわけではないので、気づかなかったらごめんなさいとなりますが・・・。
 
 
授業そのものは、これまでコムタスで培ってきたICTと対面の「いいとこ取り」で行っています。どんな感じ?というのは文字で示すのがちょっと難しいのですが、一方的な授業の垂れ流しにならないように、普通の授業時における生徒とのコミュニケーションや、どの程度解けているのかを確認することなどを最大限盛り込んで指導を行っています。
 
 
 
緊急事態宣言が延長されそうな雲行きですが、勉強というのは一種の習慣ですから、緩んでしまうと非常にまずいんですよね。特に受験生と1年生は、いざ休校期間が明けたときに「さあこれから勉強だ」となっていては遅いわけなんです。私たちにできるだけのことをしていきます。
 

コロナウイルスで臨時休校になってもお任せください

「首相より、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請」という報道がなされました。
 
これに関するコムタスの対応につきましては、すでに保護者の皆様にはメールでお送りいたしましたが、弊社で実績のある「インターネット経由の指導」に切り替えることを前提に現在準備中です。
 
もしも「学校が休み。塾への登校も禁止または自粛せよ」となった場合、おそらく宿題もたくさん出るでしょうし、何より高校入試や大学入試の日付は変わりませんから、こういうアクシデントがあってもできる限り平常通りに勉強のサポートをさせていただきたいと考えております。
 
「インターネット経由の指導」というのは、これまでにも部活で授業に参加しにくい生徒へのサポートとして実績を積んできた方法です。「卒業生の声」に出てくる生徒たちのほとんどが、一度や二度でなくこの指導を受けてきました。
 
単に授業の録画をインターネットで配信する(いわばyoutubeの無料授業のような)ものとは違って、リアルタイムに質問を受け付けたり、こちらから臨機応変に類題を投げかけたりといったやり取りを通じて、普通の授業と同等の理解度を達成する仕掛けです。
 
また、たくさん出るであろう宿題に対しても、同様な仕組みを使って質問を受け付ける予定です。この方法は、2018年の豪雨災害の際、交通が遮断されて塾に来るのが難しかった塾生に用いました。安心してお任せいただきたいと思います。
 
 
 
なお、上記はご家庭にあるスマホ、PC、タブレットをご利用頂くことを想定しておりますが、そのような環境がない方には機器の貸し出しも検討いたしますので、お問い合わせください。
 
 
 
上に書いたことの繰り返しとなりますが、短期的にはウイルスをやり過ごすために生活が制限を受けるのはやむを得ませんが、長期的な視点で見た場合、入試などの日程は変わらないのです。「ウイルスのせいで勉強があまりはかどらない時期があった」と後から悔やんでも、過ぎ去った時間は戻ってきません。私たちはできる限りの情報収集に努め、困難な時期でもできるだけ変わらぬ学習サポートを提供していく所存です。
 

センターまであと○○日

 
呉駅前校校舎長の横川です。
 
今日はセンター試験まであと7日、1週間!という日です。
 
センター試験まであと100日とか、10日とか、そういったカウントダウンはどの学校でも掲示しているでしょうし、コムタスにも掲示してあります。生徒自身も自分のスマホなどに残り日数を登録して、毎日表示が減っていくのを見ながら頑張っています。
 
〆切のあるものに対して最後のスパートをかけるためには、こういったカウントダウンが有効なのは間違いないですね。
 
ただ、残り日数が減ってくると、できることが徐々に減ってくるのも事実です。例えば「残り10日で何ができるのか」という疑問・不安は誰しも思うところだと思います。
 
一つは、やはり「出そうな単元・スタイルの問題を解く」ということでしょう。コムタスの大学入試直前特訓でも当然、そのような工夫を凝らしています。いわゆる「的中」というやつですね。こちらの「卒業生の声」の中にもいくつかそういう声が出てきます。

~~~~~
(T・Mさん 九州大学医学部保健学科合格 の声より抜粋)
 
最終的にセンター試験では物理で満点をとることができましたし、2次直前講習のテキストに載っていた題材がことごとく九大の本番にも出題されて、本当に神!と思いました。
~~~~~
 
しかし言うまでもないことですが、こういった直前の取り組みがうまくいくためにはそこに至るまでの積み重ねが大切です。コムタスでは高1の4月から、学校進度を意識しつつも「必ず訪れる大学入試の日」から逆算してカリキュラムを組み、通常授業や季節特訓を実施しています。コムタスとは独立に、生徒個々人が自分なりに考えて取り組んできたこともあるでしょう。そういった今までの積み重ねの集大成として、最後の10日間があるのだと思います。
 
そんな気持ちをこめて、「あと10日」の日に高3生に送ったムービーがこちらです。
 
 
「あと10日」の前に、必ず「あと100日」がありました。そして「あと1000日」の日もあったのです。この1000日間に自分が積み上げてきたものを信じて、最後のスパートをかけてほしいです。
 

模試で100点取るには?「量より質」か「質より量」か

呉駅前校校舎長の横川です。
 
忙しくしているうちにもう大学入試が迫ってきていますね。
 
今年はブログの記事をあまり書いてきていませんが、今春の卒業生が書いてくれたような指導をさらに改良して続行しています。
 
 
今年もマーク模試で満点を取る子が出てきました。
 
 
「もともといい点の人なんでしょ」と思われそうですが、例えば物理については
 
6月=74点 → 9月=72点 → 11月=100点
 
という推移をしています。そんなに良くないですよね。今までに蓄積してきた力が無事に出せた結果が今回の100点なんだろうと思います。
 
ではこの子はどうやって力を蓄積してきたのでしょうか?
 
◇ ◇ ◇
 
ここでちょっと話がそれますが、私わりとプロ野球が好きなんです。そのため元プロ野球選手の里崎智也さんのyoutubeチャンネルをたまに見たりしています。そうするとある日、こんな動画が目にとまりました。

サムネイルが独特で、「量より質!?それはありえない」とどぎつい文字が並んでいるのに興味を惹かれました。もしかして里崎さんは「質より量」の主義者なのでしょうか。
 
「質より量」はおかしい
 
コムタスでは「質より量」という考えは明確に否定しています。これは「低質な練習を大量に繰り返しても、低質なことしか身につかない」という経験則に基づきます。例えば野球を上手になりたい人が、おかしなフォームで1000回の素振りをしたとしましょう。これで上手になるでしょうか?むしろおかしなフォームが確立してしまうのではないでしょうか。だからわざわざ「打撃コーチ」という人がいて、毎年工夫を凝らして選手を指導しており、選手の打撃成績が低迷したらコーチが解雇される。それぐらい「正しい方法」というのは重要なわけです。
 
勉強の場合は「内容をよく理解していないのにたくさんの問題を解く」というのが「低質な練習」に相当します。なぜ低質なのかと言いますと、以下のような理屈です。数学を例にとって説明します。
 
(1)とりあえず問題文を読む
(2)何をしていいのか分からないので解答を読む
(3)解答には「○○の式を使うと...」などと書いてある
(4)なるほど○○の式を使うのか~と思って真似をする
(5)次に別の問題を読み、○○の式を使ってみたが答えが合わない
(6)解答を読むと別の「××の式」を使うことになっている
(7)その××の式を立てると答えが出た。
(8)次に、、、(→(5)に戻る)
 
このように「解答に○○をすると書いてあるから○○をする」ということを繰り返しても、実際のテストには応用が利きません。だってテストのときには「○○をせよ」と書いていないわけですから。
 
「学校の課題はきちんとこなしているのに成績が悪い」というタイプの子はこのパターンに陥っていることが多い印象ですね。言い換えるとこの勉強方法は「その問題だけは解けるようになる」という方法なので、全く同じ問題や、数字だけちょっと変えた問題ならば対応できます。ですが「同じ式が使えるが見た目が全く違う問題」には対応できませんし、またそもそも「なぜ今その○○の式を使うのか」ということを認識していないため、模試などには対応しきれません。
 
これが「質の低い勉強を繰り返す」という姿の末路です。こうなることが分かっているので、コムタスでは「質より量」という指導はいたしません。
 
では「量より質」なのか
 
里崎さんの話がずいぶん膨らんでしまいましたが、それでは「量より質」なのでしょうか。
 
これに関してもちょっと注意が必要です。
 
というのも、いかに上質な勉強だとしても、学習内容が定着するのにはそれなりに時間がかかりますし、理解したことを「見た目が全く違う問題」に適用する練習には試行錯誤も必要です。ですから「量より質」と思い込むのも危険です。ということは・・・
 
要するに「質の高い勉強を、できれば長時間行う」というのが一番いいわけです。
 
そういった観点で冒頭の卒業生の記事を読んでいただくと、コムタスが質と量の両方を向上させる場となっているということを感じていただけるのではないかと思います。
 
例えば
「コムタスの最大の魅力は『問題の読み方』を教えてくれる点にある」(質)
「家で勉強できない私が目標の勉強時間を確保できたのは」(量)
などです。
 
今年もさらに磨きをかけて塾生を引っ張っています。
 
◇ ◇ ◇
 
ここまで書いてから里崎さんの動画を見てみると、なんと里崎さんがおっしゃっているのは
 
「一流選手は質の高い練習を長時間行っている」
 
という意味のことでした。なんだ!それなら同じ意見です。里崎さんがサムネイルで「量より質!?それはありえない」と書いていたのは、「量より質という言い方で『楽して上手になろう』と思ってませんか?そんな甘いことは成り立ちませんよ」ということを伝えたいためだそうです。確かにそれは納得です。
 

123456

« コムタス本部 | メインページ | アーカイブ | 広中央校 »

このページのトップへ