HOME > スタッフブログ > 焼山中央校 > コムタス通信8月号焼山中央校版より

スタッフブログ

< 英検二次試験結果が発表されました!  |  一覧へ戻る  |  今夏もたくさん卒業生が来てくれて >

コムタス通信8月号焼山中央校版より

焼山中央校の塾生の皆さんのご家庭には、すでに届いているコムタス通信のMonthly Reportの最後で、高校の学校説明会で必ず見るようにしている場所があると述べさせていただきました。それがどこなのか、おそらくお分かりの方が多かったのではないでしょうか。

答えは・・・



そう、トイレです。

掃除の仕方や用具の片付け方などを見ると、その学校の雰囲気がある程度分かります。
学校を訪問するのは多くが午前なのですが、午後になると在校生がどのように使用しているのかなども何となく分かりますので、中学生科の皆さんは、オープンスクールに参加した際には是非その辺りも確認してみてください。

カテゴリ:

< 英検二次試験結果が発表されました!  |  一覧へ戻る  |  今夏もたくさん卒業生が来てくれて >

同じカテゴリの記事

継続は力なり

1学期の中間試験が返却されましたが、中2生と中3生はそれぞれの学年で嬉しい報告を受けています。どちらの学年にも英語を大の苦手としている男子がいるのですが、この度、英語で自己新記録となる得点を取ることができたそうです。
 
今年度から英語は小テストを頻繁に行い、合格できるまで何度でも追試を受けてもらう仕組みにしたのですが、彼らも例に漏れず毎回のように追試を受けている姿を目にしました。それでも目の前の課題から目を逸らさず、時には英語の講師から叱咤激励されながらも努力を続けることで、見事『継続は力なり』という言葉を証明してくれました。
 
一般的に英語の苦手な生徒は、まだ難易度の低い中1の1学期中間試験を自己最高点として徐々に得点が下がってくる傾向にあるため、中1のときの得点を超えるには相当の努力をしたのだと思います。彼らの結果から、同様に英語を苦手としている生徒に「よし、自分も」という良い刺激を与える相乗効果も生まれているようです。
 
「今度は誰が殻を破ってくれるのか」
そんな楽しみを抱えながら、我々も日々の授業や試験対策を精一杯させていただこうと思わせてくれた出来事でした。

ホタル

今年も焼山中央校の裏の川にホタルを見ることができる季節になりました。
 
柔らかい光を発しながら飛んでいる様子は、昼間の茹だるような暑さをすっかり忘れさせてくれ、癒しのひと時を過ごさせてくれますね。

中学生科 中間試験対策実施中!

中学生科の皆さんですが、好スタートを目指し気合が入っています。

中1生は中学生になって初めての定期試験。
何もかもが初めてづくしですが、小学生の時にはなかった提出物は、塾でも進み具合をチェックしながら取り組んでもらっています。また、最初は「試験勉強って何をすればいいの?」と思っていた人もいたようですが、試験対策が進むにつれ、不安が自信に変わっていく様子を見せてくれています。これは楽しみです。


中2、中3生はこの間まで学校生活の中でも大きなイベントである運動会にて全力を尽くしました。
その後、気持ちも切り替え、現在試験対策に全力投球中です。特に受験生として定期試験に臨む中3生は、以前とは少し顔つきが違うような気もします。


皆さん目標に向かって、突っ走りましょう!
 

中2・中3保護者会 in 焼山中央校

4月2日(日)、中2・中3保護者会を行いました。
保護者の皆様には、お忙しい中25名もの方にお集まりいただき誠にありがとうございました。

会では、先月行われた公立高校入試の最新情報などを紹介させていただき、今年度焼山中央校を担当するスタッフの挨拶もさせていただきました。

限られた時間でしたので、紹介しきれなかった情報などもございます。進路や学習面などでご不明なことなどございましたら、お気軽にご連絡ください。

宝物

昨日、授業前の夕方に中学生科を卒業したばかりの中3生が2名ほど、授業を担当していた講師1人ずつに手紙を渡しに来塾してくれました。

手紙を読んでいると、これまでの3年間がいろいろと思い出されるとともに、とても懐かしく感じられました。
先日の卒業祝賀会でのスライドショーでも彼女たちの中1のときの写真が流れましたが、中学校の3年間は外見だけでなく精神面でも特に成長が感じられる3年間であり、改めて我々を信じて預けてくださった保護者の皆様や、その想いに頑張って応えてくれた塾生の皆さんに感謝することができました。


また、授業後の夜には3年前に焼山中央校を卒業し、今春高校生科を卒業したばかりの高3生が7名ほど来塾してくれました。
何名かは先日の高校生科卒業祝賀会で顔をあわせていたのですが、どの子も皆、4月から始まる新生活に希望に満ち溢れた表情をしていました。
4~6年前の思い出話や近況報告などを聞けて、とても懐かしく嬉しかったです。


我々にとって、教え子からもらったものは勿論のこと、ここを巣立っていく皆さんや共に過ごした日々こそが、財産であり大切な宝物です。
ですから、卒業後も時々顔を見せに来てくださいね。
本当にありがとう!

このページのトップへ