HOME > スタッフブログ > 呉駅前校 > 成績が爆上がり!神戸大学合格

スタッフブログ

< 合格!九州大学・機械航空  |  一覧へ戻る  |  広大合格率を支える工夫 >

成績が爆上がり!神戸大学合格

呉駅前校校舎長の横川です。
 
前回の九大工・機械航空工学科のI君とは別のI君が、神戸大学海事科学部に合格したと報告に来てくれました。
 
こっちのI君は確か高2の途中から「物理が全く分からなくなりました」と訴えながらコムタスに問い合わせに来てくれたのです。
 
当時、テストや模試の点数はそんなに悪くなかったと思います。ただ、初回の体験授業を私が担当した際に感じたのは「点数が取れている割に理解があやふやだな」ということでした。むしろこの理解度でなぜこの点数が取れているのか?いつか崩壊してしまうのではないか?と思ったのを覚えています(実際、その後の模試で一度結構まずい点数を取ってしまうのですが・・・)。
 
そんなI君でしたが、他の子たちと同様にきちんと物理を学び、途中から化学や英語もプラスして成績を上げ、このたびの神戸大学合格となりました。
 
「きちんと学ぶ」というのは、言うのは簡単ですが実際には難しいことです。教える側(私)は生徒よりもかなり深く科目を理解していますので、矛盾なく分かりやすい説明をすることは実はわりと簡単なのです。
 
ですが、私が上手に説明したからといって生徒が私と同じように理解できるわけではないんですよね。だからコムタスでは
 
「生徒が先生と同じように考えられるようになるためには、どのような指導をすればよいか」
 
ということを深く追求して指導に落とし込んでいます。もちろんI君にもそれを存分に浴びてもらいました。
 
I君が書いてくれた合格体験記を一部ご紹介します。
 
 
~~~~
このコムタスにいれば何万回も耳にするであろう★★★★★の考え方は、
 
とてもすばらしいものだと思います。
 
正直これさえあれば数・物・化は余裕です。
 
たった1つの問題にしか通用しない解法はいりません。
 
一見複雑にみえる問題★★★★★をするだけで成績は爆上がりしました。
~~~~
 
★★★★★とした部分は、言葉だけ書いても読者の皆様には伝わらないかなと思いましたのでここでは伏せました。もちろんお問い合わせ頂いた方にはご説明しておりますのでご安心ください。

神戸大学での新しい学びに、コムタスで学んだ
★★★★★も少しは役立つと思います。受験が終わっても残る財産を少しでも手にしてくれたなら、こんなに嬉しいことはありません。I君、神戸での更なる活躍を期待しています!



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 
 
2019年はこれまでの指導に加えてさらに新しい要素も加えましたので、さらに塾生の学力を高めやすい環境が整いました。新学年の生徒にも、今まで以上に確かな学力をつけ、その結果として好成績を取っていけるように指導していきたいと思います。

新高1の方向けの説明会や無料セミナーのご案内はこちらです。
 

カテゴリ:

< 合格!九州大学・機械航空  |  一覧へ戻る  |  広大合格率を支える工夫 >

同じカテゴリの記事

2021年度大学入試結果 九大・広大・愛媛大などなど

呉駅前校校舎長の横川です。大学受験の結果報告をほぼ全部いただきまして、集計しているところです。
 
今年は以下のような感じです。
 
●国公立大学
九州大学 1名  広島大学 6名  東京学芸大学 1名  大阪市立大学 1名  大阪府立大学 1名  岡山大学 1名  愛媛大学 3名  山口大学 5名  島根大学 1名  香川大学 1名  徳島大学 1名  大分大学 1名  県立広島大学 1名  広島市立大学 1名  尾道市立大学 1名  岡山県立大学 1名  兵庫県立大学 1名  下関市立大学 2名  高知工科大学 2名  
 
●私立大学(抜粋)
同志社大学 5名  関西大学 4名  関西学院大学 2名  立命館大学 9名  近畿大学 19名  龍谷大学 3名  京都産業大学 3名  福岡大学 4名  安田女子大学 11名  広島修道大学 18名  広島工業大学 16名  県内私大薬学部 5名  などなど
 
 
 
 
学校と違って、入塾にあたって選抜試験や定員があるわけではないので、年によって印象は異なると思います。むしろ「コムタスに来てくれたときよりどれだけ学力がついたか」「コムタスに来なかった場合と比べてどうなのか」ということを追求していきたいと思っていますし、塾を探しておられる方にもそこを見ていただきたいなと思っています。一人で闇雲に「頑張った」場合と、コムタスで「頑張った」場合を比べて、コムタスなら学力がつきそうだな!と納得していただきたいですね。1つ前の記事「コムタスで成績が上がる仕組み」も参考にしていただければ幸いです。
 

コムタスで成績が上がる仕組み

呉駅前校校舎長の横川です。今年も大学受験の結果がだいぶ揃ってきました。
 
全員が第一志望に合格しているわけではないので、「○○大学合格!」といったような大げさな広報は、心情的にはやりづらいですね。ただ今年も皆よく頑張って各自の設定した目標大学にチャレンジし、多くの塾生が合格を果たしました。
 
最終的な結果に至るまでのプロセスには当然、各自の努力があるわけですが、実は努力だけなら誰でもしているのです。我々の仕事は「努力を無駄にさせない工夫」を塾生の勉強生活の中に散りばめることだと思っています。同じ1時間勉強しても、身につく1時間なのか、身につかない1時間なのか。コムタスで勉強したことによって「身につく1時間」を積み重ねてくれていると嬉しいなと思っています。
 
さて、今年も「合格体験記」を書いてもらっているのですが、その中から分かりやすくご紹介できそうなものをいくつか掲載しますね。
 
まず岡山大学に合格したKS君。
 
 
覚えています。高1の途中で問い合わせに来てくれたときには偏差値が41・・・。でもコムタスに来たからには「今が一番悪いとき」だと思って頑張ってみよう!と励ましたものでした。私は英語を担当したわけではないので励ましただけですが、実際には英語の授業を通してきめ細かな指示がなされて、ご覧のように難しい問題に出会っても「考えることができる」ようになったということですね。
 
続いて九州大学に合格したKWさん。
 
 
この子は私が直接授業を担当していました。理解力は十分ある子なのですが、確かに最初は物理も化学も怪しい状況でしたね。ですがコムタスには成績が上がる仕組みがあります。文中では伏せ字にさせていただきましたが、単に「分かりやすい」というだけではなく、「できるようになる仕組み」があります。それで理科が不得意科目から得意科目へと変わったということですね。コムタスでは高1から理科の授業を受けることができます。人間が新しいことを習得するには時間がかかりますから、早めに受講を開始できるのは大きなメリットですね。
 
 
 
他にも色々なコメントを寄せてもらっていますので、そのうちご紹介したいと思います。
 
その他にも以下の記事で指導についてご紹介しています。
 
 
 

速報! 呉地区私立高校 合格発表 


 
〇呉港高校  38名合格(特待生14名)
 
〇武田高校  11名合格(特待生6名)
 
〇呉青山高校   5名合格(特待生2名)
 
               1/27(水)現在
 
入試は今後も続きます。がんばれコムタス受験生!
 



オンラインと対面の両方を実施しています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
厚生労働省の通知などに基づいて感染拡大防止に努めながら、全校舎で対面授業を再開しました。一方まだ通塾が困難な塾生もいらっしゃることから、オンライン授業も継続しています。
 
県知事から休業要請が発表されて実際にオンライン授業を始めるまでに3日間しか期間がありませんでしたが、保護者の皆様には準備に多大なるご協力をいただきまして、おかげ様で無事にオンライン授業をお届けすることができたと思います。
 
塾生に聞く限りは対面授業と遜色ない満足度をいただいているようで、ほっとしています。実際、塾に通えるようになった塾生からも「オンラインを続けてほしい」という声があるので続行していますし、オンライン化で質が下がらないように準備をしていました。
 
一般的に「オンライン授業」というと、日頃対面で行っている授業をそのままライブ配信してしまいがちなのですが、コムタスではそれよりも効果的と考えられる方法を前々から研究していましたので、その方法をこのたび使って全授業のオンライン化を行いました。「前々から」というのは2018年の豪雨災害の時からです。当時、塾に通うのが難しかった塾生に対して実施した手法を、今回は全員に対して使わせていただいたということです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
また対面式に戻ることによって改めて「対面ならではの良さ」も感じているところで、今回の経験を元に、第2波・第3波がきても対応できるようにさらに改善を加えていきたいと思います。入試の日程は変わらないようですので、塾生の学習ペースを乱さないように、我々にできる限りのことをしていきます。
 

オンラインで指導を続けています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
当ホームページでお知らせしておりますように、緊急事態宣言に伴い、現在コムタスは全校舎で塾生の登校を控えていただいておりますが、授業・個別指導・質問応対・面談・自習室はオンラインで全て続行しております。
 
この記事を書いております4/30は全館休業日ですが、受験生には休みがありませんので、自習中に質問が出たりもします。私も読書などをするかたわらで質問応対をしたりしております。例えばこの画像のような感じです。いかがでしょう、このスピード感ならば「塾に来て質問する」というのとあまり違わないのではないでしょうか。ずっとこの画面を凝視しているわけではないので、気づかなかったらごめんなさいとなりますが・・・。
 
 
授業そのものは、これまでコムタスで培ってきたICTと対面の「いいとこ取り」で行っています。どんな感じ?というのは文字で示すのがちょっと難しいのですが、一方的な授業の垂れ流しにならないように、普通の授業時における生徒とのコミュニケーションや、どの程度解けているのかを確認することなどを最大限盛り込んで指導を行っています。
 
 
 
緊急事態宣言が延長されそうな雲行きですが、勉強というのは一種の習慣ですから、緩んでしまうと非常にまずいんですよね。特に受験生と1年生は、いざ休校期間が明けたときに「さあこれから勉強だ」となっていては遅いわけなんです。私たちにできるだけのことをしていきます。
 

このページのトップへ