HOME > スタッフブログ > コムタス本部 > オンライン授業にもスムーズに移行できます

スタッフブログ

< 2021年度大学入試結果 九大・広大・愛媛大などなど  |  一覧へ戻る  |  テスト日程も受験日程も変わりません。だからオンラインでも授業を実施しています。 >

オンライン授業にもスムーズに移行できます

県知事から「高校の授業は原則オンラインで」という指針が示されたようです。まだ各高校がどのような動きになるか不明瞭ではありますが、コムタスではいつでもオンラインに対応できるように準備を進めております。

昨年春の緊急事態宣言下においても「全生徒オンライン対応」での指導を続行しました。このときは期間の大半で学校の授業が停止していたため、学習ペースを維持する意味でも、オンライン自習室や毎週決まった時間の授業が続行できたことはとても良かったのではないかと思います。
「オンラインで指導を続けています」

また、緊急事態宣言が明けてからも、ご家庭の事情などによってオンラインを希望される塾生には引き続きオンラインの指導を続けました。
「オンラインと対面の両方を実施しています」

オンライン授業と言いましても、単に生授業をインターネットで配信するだけのものではありません。対面授業の良さが最大限残るように工夫をしています。(そのぶん、校舎のメンバーにはいつも以上に頑張ってもらっております)

対面授業の良さとは、例えば
・内容が少し難しい場合、先生が自然にスピードを調整してくれる
・特徴のある間違いがあったら、先生がその間違いに基づいた解説をしてくれる
・質問ができる
・クラスのメンバーがいるから緊張感がある
等々です。もちろん実際の対面授業の方がより良いのは間違いないのですが、オンラインといえどもこのような要素がなるべく出せるように工夫を蓄積してきました。


早く社会が正常化することを願っておりますが、勉強に関してはできる限りのことをしてまいりますので、コムタスにお任せください。

カテゴリ:

< 2021年度大学入試結果 九大・広大・愛媛大などなど  |  一覧へ戻る  |  テスト日程も受験日程も変わりません。だからオンラインでも授業を実施しています。 >

同じカテゴリの記事

テスト日程も受験日程も変わりません。だからオンラインでも授業を実施しています。

数日前に「オンライン授業にもスムーズに移行できます」というご報告をしておりますが、すでにオンライン授業はスタートしております。
 
正確には、休校措置になった学校やそうでない学校が混在しており、また保護者の方のご意向もまちまちであるため、
・クラスの全員がオンライン授業
・クラスの一部は通常通り出席し、残りの生徒がオンライン授業
という両パターンに対処した形を実現しております。
 
もちろん、単にライブ授業を垂れ流しているわけではなく、生徒の反応やノート記入状況も随時確認していますし、授業中や授業後の質問にも対応しています。指導の質を維持しつつ、それぞれの生徒の学校の状況、居住地、保護者の皆様の意向に沿った形でオンライン授業を実施しております。
 
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
 
広島県に緊急事態宣言が出される見込みとなり、また、呉市内の学校でも数日間の休校措置がとられるところも出てくるなどしてきました。
 
しかし落ち着いて考えてみると、休校措置があっても定期テストの日程は変わっていませんね。また、今春の大学入試・高校入試も日程は全く変化することなく実施されました。
 
ですから、こういう混乱した時期には、浮き足立つことなく「平常通り学習を続けていく」というのが非常に大切になるわけです。
 
コムタスでは従来通りのアルコール消毒やマスク着用といったコロナ対策に加え、上記のような形で違和感なくこれまでの指導をオンラインでも続け、呉市の小中高校生の勉強をサポートするという責務を果たしていく所存です。
 

速報! 呉地区私立高校 合格発表 


 
〇呉港高校  38名合格(特待生14名)
 
〇武田高校  11名合格(特待生6名)
 
〇呉青山高校   5名合格(特待生2名)
 
               1/27(水)現在
 
入試は今後も続きます。がんばれコムタス受験生!
 



高1期末テストの結果が出ています!

今年は新型コロナウイルスの影響で中間試験もなく、また緊急事態宣言により学校もほぼ2か月休校で学習の定着が不安視されていました。
しかしコムタスでは、休校期間中も双方向のオンライン授業などを通して学習を止めずに定着を図り、6月からの対面式授業に戻ってからは通常授業だけでなく試験対策も手厚く行いました。
高1生にとっては初めての定期テストとなった今回の期末試験でしたが、提出物も早めに済ませじっくりと腰を据えて望めたように思います。
休校期間中に素早く柔軟に対応し学びを止めなかったコムタスの成果と、そして何よりもコムタス生の努力の成果がテスト結果にも確実に表れています!


オンラインと対面の両方を実施しています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
厚生労働省の通知などに基づいて感染拡大防止に努めながら、全校舎で対面授業を再開しました。一方まだ通塾が困難な塾生もいらっしゃることから、オンライン授業も継続しています。
 
県知事から休業要請が発表されて実際にオンライン授業を始めるまでに3日間しか期間がありませんでしたが、保護者の皆様には準備に多大なるご協力をいただきまして、おかげ様で無事にオンライン授業をお届けすることができたと思います。
 
塾生に聞く限りは対面授業と遜色ない満足度をいただいているようで、ほっとしています。実際、塾に通えるようになった塾生からも「オンラインを続けてほしい」という声があるので続行していますし、オンライン化で質が下がらないように準備をしていました。
 
一般的に「オンライン授業」というと、日頃対面で行っている授業をそのままライブ配信してしまいがちなのですが、コムタスではそれよりも効果的と考えられる方法を前々から研究していましたので、その方法をこのたび使って全授業のオンライン化を行いました。「前々から」というのは2018年の豪雨災害の時からです。当時、塾に通うのが難しかった塾生に対して実施した手法を、今回は全員に対して使わせていただいたということです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
また対面式に戻ることによって改めて「対面ならではの良さ」も感じているところで、今回の経験を元に、第2波・第3波がきても対応できるようにさらに改善を加えていきたいと思います。入試の日程は変わらないようですので、塾生の学習ペースを乱さないように、我々にできる限りのことをしていきます。
 

オンラインで指導を続けています

呉駅前校校舎長の横川です。
 
当ホームページでお知らせしておりますように、緊急事態宣言に伴い、現在コムタスは全校舎で塾生の登校を控えていただいておりますが、授業・個別指導・質問応対・面談・自習室はオンラインで全て続行しております。
 
この記事を書いております4/30は全館休業日ですが、受験生には休みがありませんので、自習中に質問が出たりもします。私も読書などをするかたわらで質問応対をしたりしております。例えばこの画像のような感じです。いかがでしょう、このスピード感ならば「塾に来て質問する」というのとあまり違わないのではないでしょうか。ずっとこの画面を凝視しているわけではないので、気づかなかったらごめんなさいとなりますが・・・。
 
 
授業そのものは、これまでコムタスで培ってきたICTと対面の「いいとこ取り」で行っています。どんな感じ?というのは文字で示すのがちょっと難しいのですが、一方的な授業の垂れ流しにならないように、普通の授業時における生徒とのコミュニケーションや、どの程度解けているのかを確認することなどを最大限盛り込んで指導を行っています。
 
 
 
緊急事態宣言が延長されそうな雲行きですが、勉強というのは一種の習慣ですから、緩んでしまうと非常にまずいんですよね。特に受験生と1年生は、いざ休校期間が明けたときに「さあこれから勉強だ」となっていては遅いわけなんです。私たちにできるだけのことをしていきます。
 

このページのトップへ