HOME > 新着情報 > アーカイブ > コムタス本部

新着情報 コムタス本部

またまた増刷!ぼくらは「物理」のおかげで生きている

昨年5月に出版いたしました弊社3冊目の本「ぼくらは物理のおかげで生きている」がおかげさまでご好評をいただき、また増刷となったようです。これで「第3刷」となります。誠に恐縮です。
 
ぼくらは「物理」のおかげで生きている(実務教育出版)
著: 横川淳
 

 
この「ぼくらは~」シリーズは他にも生物学・化学・数学があるそうなのですが、これらもいずれも増刷(2刷)となっているそうです。理科離れなどとよく言われますが、一般の人たちの知識欲は決して衰えていないということかもしれません。
 
私たちは日頃は「受験」という土俵において塾生たちが正々堂々と戦い、勝利をつかむことができるようにと日々の指導をしておりますが、その根底にはこのような知識欲が眠っているということを忘れてはならないと改めて認識しました。
 

またも増刷:身につく気象の原理

2年ほど前に弊社より出版させていただきました「身につく気象の原理」という本があります。この本がこのたび増刷となりましたことをお知らせします。
 
身につく気象の原理(技術評論社)
著: 横川淳
 
 

中学の理科で「天気」について学ぶ単元がありますね。春や秋には移動性高気圧と温帯低気圧が西から東へ・・・などです。この分野の行き着く先は「気象学」といって、天気予報などの基礎になっています。本書はこの「気象学」を学ぶ最初の一歩をサポートするために書かれたものだそうです。
 
本書の著者である横川は気象予報士の資格も持っておりまして、その豊富な知識が日頃の授業にも活かされているのではないかと思うのですが、このたびの増刷の感想を聞いてみましたところ「全国の皆様のお役に立てて嬉しいです」と生真面目な返事が返ってきました。
 
 
 
著者の横川自身による、もう少し詳しい紹介はこちらにございます。
 
 
 
本書も他の著書と同様に、スタディポイントの景品として交換もできます。ご興味のある塾生の皆様は交換していただきますようにお願いいたします。
 
 
 
その他の横川の著書はこちらです。
 
※なお、ぼくらは「物理」のおかげで生きている』も増刷となっています。こちらの記事をご覧ください。
 
 

増刷が決まりました:ぼくらは「物理」のおかげで生きている

ホームページ上でのご報告が遅れましたが、今年の5月、弊社より3冊目の本を出版させて頂きました。
 
ぼくらは「物理」のおかげで生きている(実務教育出版)
著: 横川淳

 
本書は、物理学が身のまわりのどういうところに応用されているか(例えばIHクッキングヒーターや飛行機が飛ぶ原理など)に主にスポットを当てて、分かりやすく紹介する内容となっています。
 
著者の横川自身による、もう少し詳しい紹介はこちらにございます。
 
 
お陰様で本書は好評を頂いているらしく、8月末に増刷になることが決定いたしました。コムタス各校舎に展示しておりますので、塾生の皆様は実際に手に取ってご覧いただけます。また、スタディポイントの景品として交換もできますので、ご興味のある塾生の皆様は交換していただきますようにお願いいたします。
 
 
 
※過去2冊の本はこちらです。
 

1

メインページ | アーカイブ | 中学進学コース »

このページのトップへ