HOME > 新着情報 > コムタス本部 > 2018年度 冬期特訓講習会のご案内(高校生科)

新着情報

< 韓国語版登場!ぼくらは「物理」のおかげで生きている  |  一覧へ戻る  |  2018年度 冬期特訓講習会のご案内(中学生科) >

2018年度 冬期特訓講習会のご案内(高校生科)

●冬期特訓講習会日程 12/22(土)~1/6(土)

●講座一覧・時間割
呉駅前校・広中央校

高校1年生




高校2年生






高校3年生大学入試直前特訓1期







 ●受講料案内なども含む詳しいパンフレットはお問い合わせフォームもしくはフリーダイヤル(0120-379-560)でご請求ください。


カテゴリ:

< 韓国語版登場!ぼくらは「物理」のおかげで生きている  |  一覧へ戻る  |  2018年度 冬期特訓講習会のご案内(中学生科) >

同じカテゴリの記事

2018年度 冬期特訓講習会のご案内(小学生科)

●冬期特訓講習会日程 12/22(土)~1/6(日)

●講座一覧・時間割
呉駅前校・広中央校・焼山中央校







●受講料案内なども含む詳しいパンフレットはお問い合わせフォームもしくはフリーダイヤル(0120-379-560)でご請求ください。


2018年度 冬期特訓講習会のご案内(中学生科)

●冬期特訓講習会日程 12/22(土)~1/6(日)

●講座一覧・時間割
呉駅前校・広中央校・焼山中央校












●受講料案内なども含む詳しいパンフレットはお問い合わせフォームもしくはフリーダイヤル(0120-379-560)でご請求ください。


韓国語版登場!ぼくらは「物理」のおかげで生きている

日頃は理科・数学担当として敏腕を振るっております横川ですが(センター試験100点の記事などをご覧ください)、たまに本を執筆しては生徒を驚かせています。
 
彼の3冊目の本『ぼくらは「物理」のおかげで生きている』は一番人気のようで、すでに3刷目に入っています(参考記事)。
 
その本の韓国語版がこのたび出版の運びとなりました。
 
日本語版と並べてみると、見た目が全然違います。
 
 
ハングルの読める塾生によると、タイトルは「私が愛する物理学の話」なのだそうです。日本語のタイトルとは少し違うのもまた面白いことですね。
 
こういったことも生徒の励みになるとよいですね。
 
著者の横川自身による紹介記事はこちらです。
 
 

2018年度検定日程(英検・数検・漢検)

コムタス進学セミナーは英語検定・数学検定・漢字検定の準会場認定を受けております。
2018年度は以下の日程です。奮ってご参加ください。
塾生以外の方も受検していただけますので各校舎までお気軽にお問い合わせください。
 
 
英語検定
第1回 申し込み〆切: 5/9(水) 1次試験: 6/3(日) 2次試験: 7/8(日)
第2回 申し込み〆切: 9/11(火) 1次試験:10/7(日) 2次試験:11/11(日)
第3回 申し込み〆切:12/21(金) 1次試験: 1/27(日) 2次試験: 3/3(日)
 
数学検定
第1回 申し込み〆切: 6/5(火)  試験日: 7/7(土)
第2回 申し込み〆切: 7/26(木) 試験日: 8/25(土)
第3回 申し込み〆切:10/18(木) 試験日:11/17(土)
 
★数学検定は、冬期特訓講習会と合わせて2月にも実施する予定です。小学生の方は冬期特訓を受講して頂きますと受検料が無料になる特典もございます。
 
漢字検定
第1回 申し込み〆切: 5/12(土) 試験日: 6/15(金)
第2回 申し込み〆切: 9/29(土) 試験日: 11/2(金)
第3回 申し込み〆切:12/22(土)  試験日:1/30(水)
 
★漢字検定は、夏期特訓講習会と合わせて8月にも実施する予定です。小学生の方は夏期特訓を受講して頂きますと受検料が無料になる特典もございます。

またまた増刷!ぼくらは「物理」のおかげで生きている

昨年5月に出版いたしました弊社3冊目の本「ぼくらは物理のおかげで生きている」がおかげさまでご好評をいただき、また増刷となったようです。これで「第3刷」となります。誠に恐縮です。
 
ぼくらは「物理」のおかげで生きている(実務教育出版)
著: 横川淳
 

 
この「ぼくらは~」シリーズは他にも生物学・化学・数学があるそうなのですが、これらもいずれも増刷(2刷)となっているそうです。理科離れなどとよく言われますが、一般の人たちの知識欲は決して衰えていないということかもしれません。
 
私たちは日頃は「受験」という土俵において塾生たちが正々堂々と戦い、勝利をつかむことができるようにと日々の指導をしておりますが、その根底にはこのような知識欲が眠っているということを忘れてはならないと改めて認識しました。
 

このページのトップへ