HOME > スタッフブログ > アーカイブ > 2018年2月

スタッフブログ 2018年2月

合格した【  】勉強している高3生

呉駅前校校舎長の横川です。
 
今日は国公立大学の前期試験の日。いつも高3生でギッシリだった自習室高3エリアは閑散としています。
 
 
受験直前期にも色々とブログに書けそうなこともあったのですが、受験生が集中して受験に臨むことが一番大切ですので静かにしておりました。今日、実力がいかんなく発揮できることを願うばかりです。
 
さて今日はそんな特別な日ですが、高3エリアに座って勉強している子もいます。
 
下級生が間違って侵入しているわけではありませんよ。正真正銘の高3生です。
 
定期テスト前ということもあって、高2生・高1生はとても多く自習室に来ています。そしてこう尋ねてきます。
 
「先生、あの先輩らはなんで今日居るんですか」
 
それに対して「もう推薦入試で合格しているからよ」と答えると、驚く生徒が多いですね。「えっ!合格したのに勉強してるんですか!」と。
 
違います。この子たちは「合格したから勉強している」んです。
 
何のために苦しい大学入試を突破したのか。それは大学に入って新たな学びを得るためです。それは就職のためかもしれませんし、もっと大きなもののためかもしれませんが、ともかくこれから続く新しい学びのためです。合格とか不合格とか点数とかを気にせずのびのび勉強できる立場になったからこそ、自分のしたい勉強をする。今はそういう時期ですね。もちろん息抜きも大いにしたらいいと思いますけどね。
 
ちなみに私の個人的な体験談ですが、大学入試の合格発表が3/9、卒業式が3/10でした。卒業式の数日後には呉市立図書館で数学の本を借りて勉強を始めたのを覚えています。確か「複素関数」の本だったような・・・。点数を気にせずに勉強できるすがすがしさと春の陽気とが相まって、とても幸せな気分でした。
 

1

« 2017年12月 | メインページ | アーカイブ | 2018年3月 »

このページのトップへ